それは家族葬のことですよ

家族葬という新しい葬儀のスタイルとその背景

by on 6月.03, 2014, under 未分類

家族葬とは、家族や親族、そして友人といった、親しい間柄の人たちだけに参加者を限定して行う葬儀のことです。かつては「密葬」と呼ばれていたものですが、平成に入ってから、ある葬儀社がPRのために呼び始めた呼称だと言われており、最近ではごく一般的になっている葬儀スタイルです。 家族葬の特徴は、まず参加者が限られているため、弔問客の対応に追われることなく「ゆっくりと故人を偲ぶことが出来る」ということと、設備や形式の簡略化により、一般のものと比べ「費用が安く抑えられる」ということが挙げられます。 このような形式の葬儀が広く普及した背景には、まず、地域との繋がりが希薄になっているという事情があり、また故人が高齢者の場合は、家族や親類以外に参加者がいないという必然的な事情もあります。良く言えばライフスタイルの変化に対応した葬儀ということになりますが、悪く言えば個人が孤立化した社会を反映したものと言えるかもしれません。さらに家族葬より簡略化したものに、火葬のみを行う「直葬」と呼ばれるものがあり、都市部で利用者が増えています。 家族葬には、単なる「密葬」とは違う社会的な事情もあると言えるでしょう。

▼おすすめのサイト

基本的な三軒茶屋を美容室が学べます
引用元: http://www.hairdesign-anloop.com/
田園都市線の三軒茶屋駅にある美容室はアンループ。三茶の駅から徒歩3分と好立地のヘアサロンではお客様の個性を大切にします。隠れ家的な雰囲気でのんびりとお過ごし下さい。
twitter
https://twitter.com/
Amazonで楽々ショッピング
http://www.amazon.co.jp/
Leave a Comment more...